toggle

御正当とは

旧暦三月二十一日は弘法大師空海様が

「御入定 ごにゅうじょう」された日でございます。

弘法大師様は亡くなったとは言わず、今も尚高野山の奥の院にて修行なされ

そして、我々が困り「南無大師遍照金剛」と一度御唱えするのなら、真っ先に駆けつけて

我々に寄り添ってくださるのです。

つまり、今も弘法大師様は我々の心の中で生き続け、「亡くなった」と言う表現は致しません。

今も、高野山では朝夕に奥の院にお膳が運ばれます。

そうした、弘法様の威徳に感謝をして、各お寺で法楽が捧げられるのです。

また、真言宗以外のお寺様や、一般の弘法様の像を祀られている御宅でも

こうした御正当が行われることもあり、宗派を超え親しまれているお方でもあります。